2種類の不動産投資|ワンルームマンション投資を行なうなら会社選びがとても重要
メンズ

ワンルームマンション投資を行なうなら会社選びがとても重要

2種類の不動産投資

マンション

REITのメリット

土地はかつてのように必ず値上がりするものではなくなりましたが、それでもインフレのリスクを回避するのには効果的と考えられています。超低金利が続き年金の先行きが不安定な現在、不動産投資が資金運用の方法として注目されるのは当然といえます。不動産投資の代表的な方法にはマンション経営やREITがあります。マンション経営は一室だけを購入して始めることも、一棟マンションを購入することも可能です。REITは投資家から小口の資金を集め、投資会社が不動産経営を行なう仕組みで、マンション以外に商業施設や介護施設なども対象になります。不動産投資ですから災害などのリスクはありますが、株式よりも安定しているのがメリットです。

自己資金が少ない場合

マンション経営は基本的にインカムゲインを目的とするもので、ある程度の期間は安定的に継続しなければなりません。そのため管理費用や修繕費用が負担になり、管理を怠ると資産価値が下がる恐れもあります。REITは投資信託なので、不要になったら比較的簡単に売却でき、配当以外にキャピタルゲインが期待できるというメリットがあります。反対にマンション経営のメリットは、銀行ローンが組めるため自己資金が少なくても始められることでしょう。少額の資金で大きな収益を上げたい場合には、マンション経営のほうが向いています。またサラリーマンの副業にすれば損益通算ができ、土地を持っていれば相続税の低減効果があるなど、税制面でも有利になります。