留守宅を活用する|ワンルームマンション投資を行なうなら会社選びがとても重要
メンズ

ワンルームマンション投資を行なうなら会社選びがとても重要

留守宅を活用する

積み木とお金

知らないと帰る家がない

持ち家を転勤等で離れる際、その家を使わずに置いておく事になります。住んでいないがローンは払い続けなければなりません。家という資産を使わずに置いておくのではなく、上手く活用する方法にリロケーションがあります。使わない家を他者に住んでもらい賃料をもらう方法です。それによりローン負担を軽減できます。転勤等が終わったら自宅に戻るので、リロケーションでは入居者と定期借家契約を結ぶ事がほとんどです。定期借家契約は期間を定めた賃貸借契約です。転勤等で離れる期間がわかっているなら、それに合わせて期間を設定して契約を行います。ただし一ヶ月等、極めて短期間の契約は借地借家法の観点より不可能です。ある一定の期間が必要なので最低でも半年以上の契約をする必要があります。

賃貸借契約なので専門家に

留守宅を他者に一定期間貸す事をリロケーションと言います。賃貸借契約なので管理を行う必要があります。しかし転勤等で遠方にいる場合、自身で管理する事は難しくなります。リロケーションの場合、ほとんどが業者に委託します。契約は業者と入居者とが結ぶので、クレーム対応や急な賃貸人からの解約、退去後の現状回復の精算などあらゆる管理業務を担ってくれます。また、定期借家契約で一年以上の契約を結んだ場合、六ヶ月前までに入居者へ賃貸借の期間が満了する事を通知しなければなりません。もししなければ定期借家契約ではなく普通借家契約になってしまいます。この様な法律が多くあり、素人ではわからない制度もあります。その為、精通しているリロケーション会社に管理を委託する事が多いのです。