女性

ワンルームマンション投資を行なうなら会社選びがとても重要

2種類の不動産投資

マンション

不動産投資にはマンション経営やREITなどがあります。マンション経営は少額の自己資金で大きな収益を期待でき、税制面でも有利になります。REITは売却が比較的簡単で、キャピタルゲインを期待できる点もメリットです。

詳細

マンション投資の種類

マンション

不動産投資の中でも王道とも言えるのがマンション投資です。マンション投資であれば、建物が鉄筋コンクリート造で作られているため耐用年数が長くそれだけ収益を得るチャンスが増えます。一方でマンションでもファミリータイプとワンルームがあります。ファミリータイプは複数の間取りを用意しているものに対してワンルームは主に単身者などを対象にした間取りが1室しかないものです。ワンルームマンション投資のメリットとしては、ファミリータイプと異なり面積が狭いので投資にかかる費用が抑えられるということです。またワンルームマンション投資に限らず不動産投資のメリットとしては、高い利回りと、また不動産としての価値があるため失われることがありませんし、インフレやデフレにも強いといったことがあり資産形成を行う上では金融資産よりも有利です。

ワンルームマンション投資を行う場合には会社選びが重要です。ワンルームマンション投資に限らず不動産を売買するさいには不動産会社を仲介者とするのが安全な策です。もちろん、自身が不動産投資に関する知識と経験を十分に身に着けていた場合には別ですが、知識だけではわからないトラブルも不動産売買には付いてまわるため、信用力の高い不動産会社を選ぶことで安全に売買することができるメリットがあります。またワンルームマンション投資を行う場合には投資用マンションを取り扱っている不動産会社を選ぶことも成功へのポイントです。投資用であれば利回りを緻密にシミュレートした案件が多くあるので、購入後に思ったような収益が上がらないといったリスクを避けることができます。

留守宅を活用する

積み木とお金

家を一定期間離れる事になった場合、留守宅を他者に貸す事をリロケーションと言います。賃貸借契約では借地借家法で入居者の方が守られています。その他しなければ転勤等が終わっても明け渡しをしてもらえない制度もあります。法や制度に精通したリロケーション会社に委託する事で安心して資産を運用できます。

詳細

ポイントを押さえよう

集合住宅

マンション投資は昔に比べれば、とても手軽に始められるようになりました。マンションを経営する上で大切なことは、経営するマンションの収益性をあらかじめ考えておくことです。魅力的な物件なら、すぐに元手は回収できるでしょう。

詳細